FC2ブログ

太陽光発電の今後を考える・・・

サンライトエナジー株式会社からの情報、提案

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

用語解説 架台(かだい)

架台(かだい)

太陽光発電パネルを屋根に固定するために使う台座や枠のことです。
屋根の形状(平らな屋根か、斜めの屋根かなど)や材質(スレートか瓦かなど)によって、同じパネルを取り付ける場合でも異なる架台が必要になることがあります。
以下は、スレート屋根に取り付ける際に使う比較的単純で安価な架台の例です。

架台1
架台の例⇒横に並んでいるのがパネルを取り付けるための架台のフレーム。

架台2
架台と屋根の接続部分⇒フレームをこのように屋根に固定して、フレームにパネルを取り付ける。

※ 当社独自のHSS工法とは?

| 未分類 | 01:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

用語解説 エコキュート

エコキュート

ヒートポンプと呼ばれるしくみを使い、少ない電気エネルギーで効率的にお湯をわかせるようにしたシステムのことです。
ガスを使用しないオール電化住宅では、このエコキュートを給湯設備として使うのが一般的です。
エコキュートの外観は次のようなものです。このようにエアコンの室外機のような形状をした「ヒートポンプ・ユニット」(写真左)と、わかしたお湯をためておく「貯湯タンク・ユニット」(写真右)の2つで構成されます。エコキュートでは、安価な深夜電を利用して、深夜のうちにまとめてお湯をわかし、貯湯タンク・ユニットにためておきます。タンクの容量にもよりますが、貯湯タンク・ユニットはけっこうな大きさになるため、導入には一定の設置スペースが必要になります。
エコキュート
エコキュートを構成する機器⇒エコキュートは、ヒートポンプ・ユニット(写真左)と、
わかしたお湯をためておく貯湯タンク・ユニット(写真右)の2つで構成される。(写真提供:三洋電機)

| 未分類 | 01:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

用語解説 変換効率

セル変換効率(発電効率)

太陽電池セルが受けた太陽の光エネルギーのうち、何%を電気エネルギーに変換できるかを表す値のことです。
変換効率は、以下の式で計算されます。

変換効率 = 出力電気エネルギー ÷ 入射する太陽光エネルギー × 100(%)

変換効率が高い太陽電池を用いると、同じ面積でも多くの発電出力(最大出力)を得られます。つまり、狭い屋根であっても、変換効率の高い太陽電池モジュールを設置すれば高い発電出力を得られます。
さまざまな技術開発により、発電効率を高める努力がなされています。現時点で一般に販売されている太陽電池セルの変換効率は、10~15%程度といわれています。

| 未分類 | 01:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

用語解説 電力モニタ

電力モニタ

太陽電池の現在の発電状況や、家庭内の現在の消費電力の状況をリアルタイムに表示するディスプレイ装置のことです。
表示される情報は製品によって多少異なりますが、一般に現在の発電力量や、現在の売電・買電の状況、過去の累積発電量などが表示されます。製品によっては、1日の発電量や発電量の推移などをグラフや数値で表示する機能を持つものもあります。

電力モニタ
電力モニタの例
シャープのカラー電力モニタの例⇒太陽電池による発電状況などを分かりやすい図やグラフで表示する。(写真提供:シャープ株式会社)

| 未分類 | 00:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

用語解説 自立運転用コンセント

自立運転用コンセント(非常用コンセント)

停電した際に太陽光発電で発電した電気を使用可能とするコンセントのことです。機器メーカーによっては、より一般的に「非常用コンセント」などとも呼ばれています。
停電したときでも この自立運転用コンセントを利用することで、電気機器の利用が可能になります。ただし当然ながら、夜間や天気の悪いときなど、太陽光による発電が十分でない場合は、このコンセントからも電気を取ることはできません。また通常時(電力会社から給電がある場合)は、自立運転用コンセントからは電気が取れないようになっています。
自立運転用コンセントは、標準でパワーコンディショナに装備されているものだったり、オプションで自由に配置できるものなど、太陽光発電システムによって扱いが異なります。自立運転用コンセントが必要な場合は設置時に確認しておいたほうがよいでしょう。

| 未分類 | 00:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。