FC2ブログ

太陽光発電の今後を考える・・・

サンライトエナジー株式会社からの情報、提案

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Q&A

よくある質問をまとめてみました。
最下部に、用語解説や補足説明させていただきます。
                                HPはこちらをクリック  
                             ブログTOPはこちらをクリック

「ソーラーパネルの掃除は必要ですか?」

掃除の必要はほとんどありません。
太陽光発電システムを導入するにあたって、よく心配されているのがソーラーパネル清掃です。
ソーラーパネルは太陽の光を受けて電力を作ります。
当然ですが、光が遮られると発電効率が落ちます。
お天気が曇りなら発電はほとんど期待できないと言っていいでしょう。
そんなソーラーパネルだからこそ、汚れが就いたら発電効率が落ちてしまうのではないかと心配する人が多いのです。
確かに発電するためには太陽の光をパネル全面がとらえることが大切です。
そのため、パネルが汚れていると発電効率が落ちるのは確かです。しかし、基本的に通常の泥汚れなどが雨がが降れば洗い流されてしまいます。
そのため、雨ざらしになっている状態のパネルは、一時的に埃やよごれはつきますが、雨で洗い流されるので安心して暮らすことができます。
これは光触媒などの画期的な技術がソーラーパネルに使われているからです。
通常の汚れであれば特に心配することなく利用することができます。確かにご自身で屋根の上にのって掃除をするのであれば、導入に踏み切れないという理由もわかります。
しかし、ソーラーパネルはその必要がほとんどないので安心して過ごすことができると言ってもいいでしょう。
でも定期的なメンテナンスは行うようにしたいものです。もちろんメンテナンスを個人で行う必要はありません。
基本的にはソーラーパネル業者が年1回程度の点検を設けていることがほとんどで、この時屋根の上に登ってもらってパネルを確認してもらうことをおすすめします。
どうしてもパネルの汚れなどの影響で、発電効率の低下は否めません。
またパネル事態の特性以外にも、泥や埃以外の汚れもこのとき落としてもらえばいいと思います。もしも、鳥のフンなどがあった場合もメンテナンス業者にお願いして取り除いてもらうといいと思います。
屋根の上は思っている以上にリスクが伴います。プロでも慎重に作業をしなければ、落下の可能性があるということが否めません。
素人の一般人であれば、なおさらリスクがつきまとうと言っていいでしょう。
どうしても汚れが気になるという人は、屋根に上って埃んどを除去する人もいますが、あまり推奨はされていません。
特に黄砂の季節は砂が気になるようですが、洗い流しても乾ききる前に再び砂が飛んでくるようであれば、さらなる汚れが付着してしまいます。
それならば、自然の雨に任せたほうがよっぽど効率的で安全と言っていいと思います。
利用者の掃除はほとんど必要ないとお伝えしてもいいと思います。


「余剰電力の買取と全量買取はどう違いますか?」

⇒まず、太陽光発電システムを自宅に設置した方は発電した電気を電力会社に売って収入を得ることができます。
住宅での太陽光発電では「余剰電力の買取制度」が採用されており、太陽光発電した電気から自分の家で使った電気を差し引きし余った電気があればそれを売電できます。この「余剰電力の買取制度」とは異なる買取方式として「全量買取制」があります。
全量買取制は自分で消費した電力とは無関係に、太陽光発電したすべての電力を売電できるという方式です。
ただ、この全量買取制が適用されるのは設置するソーラーパネルの総出力10kW以上のものだけになります。具体的には事業者が設置する太陽光発電所や、ある程度の規模の賃貸住宅の屋根、工場や学校などの屋上にソーラーパネルを設置する場合など、産業用途が前提となっています。
日本の標準的な住宅の屋根に設置できるパネルの総出力は、だいたい4~5kW程度といわれます。なので基本的に個人住宅にソーラーパネルを設置する場合には、余剰電力の買取制しか使えないものと考えたほうがいいと思います。
ただ例外的に個人住宅であっても広い屋根があるときや、屋根だけでなく駐車場の屋根にもソーラーパネルを設置するなどして総出力を10kW以上にすれば、全量買取制度を利用できる(制度利用の条件を満たすことができる)場合があります。買取期間が20年と長期なので、全量買取のほうが有利に見えますが、全量買取の場合は設置時の補助金はありません。


「ソーラーパネルの品質はメーカーで違いますか?」

車でも電化製品でも同じですが、
メーカーや機種によって品質には幅はあるものです。
メーカーは、それぞれに材料、部品、製造工程、
製品検査の内容などが違っているので、
出来上がりの最終製品の品質も違ってくるのが当然です。
これはソーラー・パネルでも例外ではありませんし、
太陽光発電システムに含まれるソーラー・パネル以外の機器
(パワーコンディショナなど)にもいえることです。



「停電の時でも太陽光発電があれば電気が使用できますか?」

停電していても日中ソーラー・パネルで太陽光発電した電気が
一定量以上あるときには、その電気を家の家電製品で使うことが可能す。
停電した時でも、テレビを見たり、携帯を充電したり、
炊飯器でご飯を炊いたりすることが可能です。
ただし、通常の状態のままで停電すると、パワーコンディショナも機能が停止してしまい、
たとえ屋根の上のソーラー・パネルが発電していたとしても、
電気は使えません(ソーラー・パネルのない家と同じく、停電した状態になります)。
発電している電気を停電中に使うのには、パワーコンディショナの「自立運転モード」に切り替えて、「自立運転用コンセント」に使いたい機器を接続する必要があります。
現在販売されている太陽光発電システムの多くは、この自立運転用コンセントを備えていますが、一部の機種や設置工事の内容によっては、コンセントがない場合もあります。
また自立運転用コンセントに接続できる容量には上限(通常は1500W)があるので、
家じゅうの電気機器をすべて接続して使えるわけではありません。
そして当然ですが、夜間は太陽光発電できないので使えませんし、
くもりなどで発電量が少ないときも、使える機器が制限されたりします。



「ソーラーパネルに蓄電できますか?」

ソーラー・パネルには蓄電の機能はありません。
ですから太陽の光がソーラー・パネルにあたっているときだけ発電し、その電気を家の中で使ったり、余った電気を売電したりできます。
くもりや雪で日照が少ないときや、夜は発電できませんから、電力会社から電気を買う必要があります。



「パネルに影が入った時の影響について知りたいです」

太陽光のエネルギーを電気に変換するのがソーラー・パネルですから、
パネルが陰に入ると、陰の影響に応じて発電量が減ります。
このとき普通に考えれば、陰が差し込んだパネルの面積分だけ発電量が落ちるように思いますが、そうではない点を知っておく必要があります。
一時的な陰ならまだいいですが、常態的な陰には注意が必要です。
実際の運用では、セルの1枚だけが完全に発電しなくなるということは普通は起こらないので、
これは極端な例ではあります。
ただしセルが故障した場合には、同様のことが起こります。
例年に比べて発電量が目立って減ったとか、搭載したパネルの出力数の割にはあまりに
発電量が少ないというような場合には、故障を疑う必要があるかもしれません。
ソーラー・パネルの場合、故障が起こってもそれがわかりにくいので、
日ごろから発電量などをチェックすることが重要です。

故障以外でたまたま雲が横切ったとか、鳥の陰が入ったということなら、影響は一時的ですので問題はありません。
ただし注意が必要なのは、周囲の障害物の陰(伸びた樹木、周囲の突起物など)や、パネルの汚れ、パネルに貼りついた障害物(落ち葉など)、常態的に陰が入る場合です。
これまで説明したように、陰になっている部分はごく一部でも、大幅に発電量が低下する恐れがあります。
排除可能な陰については、できるだけ排除して、発電量低下を防止しましょう。



「太陽光システムの価格は今後数年で半分になるという話を聞きましたが、購入する時期は待ったほうがいいですか?」

2008年7月末に閣議決定された「低炭素社会づくり行動計画」の中に
次のような記述があります。

「3~5年後に太陽光発電システムの価格を現在の半額程度に低減することを目指す」
(低炭素社会づくり行動計画より)

低炭素社会づくり行動計画(外部リンク http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=11912&hou_id=10025 )

ニュースなどで取り上げられた結果、この閣議決定の直後には、
「太陽光発電システムは今後急速に値下がりするから、あわてて買わないほうがよい」
という声をよく聞きました。しかし「半額程度に低減」の具体的な根拠は何も示されておらず、
文章をよく見ても、「目指す」と努力目標を語っているだけで、断定しているわけでも、
予測しているわけでもありません。時間がたつにつれて、この発表のことはだれも取り上げなくなりました。
読者の疑問がこの発表に関連しているなら、まずは発表のことは無視してよいと思います。
この発表はさておき、太陽光発電システムの普及が進むのにしたがって、価格も低下傾向にあるのは事実です。
しかし価格を左右する要因にはさまざまなものがあり、単純にこうなるというお話はできません。
ただ結論からいえば、価格は下がるにせよ、変化は急ではなく、ゆっくりと進む可能性が高いと思われます。
また国は、補助金や余剰電力の買い取り価格を太陽光発電システムの実勢価格によって調整するとしており、急激な価格変動はある程度管理されています。
システム価格が下がった場合は、補助金単価や売電単価も下がります。買い控えたほうが得、となって普及が広がらなければ、大量生産による価格低下も進まないからです。



「ソーラーパネルは何年くらいもちますか?」

多くの家庭用ソーラー・パネルに使われているシリコン結晶は非常に安定的な物質で、
磨耗による劣化を起こすような稼動部もないため長寿命だとされます。
メーカーの説明によれば、一般にソーラー・パネルの寿命(耐用年数)は20年~30年といわれています。
事実、1960年代後半に灯台に設置されたソーラー・パネルが、40年以上も発電を続けているというケースもあります。
家庭用とは違うので、そのまま参考にはできませんが、きちんと作られたものであれば、長く使えるのだという一例にはなるでしょう。

変換効率は時間とともに少しずつ低下していきます。
とはいえこちらも、25年使われたソーラー・パネルの変換効率を調べたら、新品の80%近い性能を維持しており、中古で販売されたというニュースもありました。
故障さえ起こらなければ、20年以上使い続けることができ、多少変換効率が落ちたとしても、相応に発電を継続できるでしょう。

以上のような理由から、いきおい、
「ソーラー・パネルは故障しないし、とりたててメンテナスなどしなくても何十年でも使える」
と安直に説明される場合もあります。しかしこれは正しくありません。
実際に住宅の屋根に設置されたソーラー・パネルを10年以上にわたって追跡した結果、
全体の1割以上で故障が確認されたという調査結果もあります。原理的には長寿命だったとしても、さまざまな部品や製造プロセスを経て製造される工業製品ですから、
絶対に故障しないという保証はどこにもありません。故障のリスクは常にあるものとして、
保証内容を確認したり、定期的な点検を実施したりする必要があります。また、発電実績を定期的に記録しておき、発電異常を早期に発見する努力も必要です。

一方、太陽光発電システムの一部となるパワーコンディショナの寿命は10~15年程度といわれますので、ソーラー・パネルは使い続けられても、途中でパワーコンディショナなどの機器をメンテナンスしたり、交換したりする必要に迫られる可能性があります。



「太陽光発電システムの寿命はどれくらいですか?」

一般に屋根に載せる発電モジュール(ソーラー・パネル)の寿命は20年以上、
モジュールで発電した直流電流を家庭で使える交流電流に変換するパワーコンディショナは
10~15年程度といわれています。

住宅用の太陽光発電モジュールとして広く使われているのは、結晶型シリコンと呼ばれるものです。
シリコン結晶は非常に安定的であり、機構的にも摩耗をともなう可動部がない、実際に発電をするセル部分は耐候性などにすぐれた封止材で保護されている、モジュール表面は強い強化ガラスで覆われているなどの理由から、モジュールは非常に長持ちします。
一応の目安は20年ですが、20年を大幅に超えても問題なく発電できるケースも多いようです。ただし経年劣化などにより、発電量は当初から若干低下するとされています。
一方、パワーコンディショナのほうは、10~15年程度で内部の半導体部品などの寿命がくるといわれています。
こちらは寿命がきたら交換するものと考えておいたほうがよいでしょう。



「ソーラーパネルが古くなると出力は低下しますか?」

ソーラー・パネルの耐久性は高く、一般的には耐用年数は20年以上ともいわれています
(例:「寿命について: 太陽電池モジュールで約20年以上」シャープの質問&回答ページより)。太陽光発電システムの初期費用を回収するには、10~15年程度かかるといわれていますが、経年劣化によって多少の出力低下があったにしても、この程度の期間で、
すべてのパネルの出力が大幅に低下することは考えにくいです。
厳密なデータはありませんが、ソーラー・パネルの寿命は「半永久的」とするWeb記事もありました。

このグラフは、設置直後の2003年と、5年後の2008年の1年間の総発電量を月別で比較したものです。
気象条件によるものだと思いますが、特に春先から秋口にかけて(3月~8月)の発電量は、
5年たった2008年のほうが多いほどです。これは5年のデータで、
この先も出力が低下することなく使える保証はありませんが、これを見るかぎり、
年を追うごとに劣化して出力が低下するということではなさそうです。

ただし注意が必要なのは、以上はあくまで「故障せず正常に動いているパネルなら、
経年劣化による出力低下はそれほど起こらない」ということであって、故障が発生しないということではありません。
ソーラー・パネルも工業製造物である以上、一定の割合で故障は発生します。晴れの日にまったく電気が作られないような故障はすぐに気づきますが、何らかの不具合で出力が少し低下した程度だと、なかなか気づきにくいという問題があります。ソーラー・パネルを設置したら、毎月の発電量をメモして継続的にチェックし、何かおかしな点があったら業者に相談するようにしてください。
ソーラー・パネルと故障の関係については、別記事「ソーラー・パネルだって故障や不具合が起こります!」に詳細があります。



「モジュール出力保証」とはどんな内容ですか?

太陽光発電モジュール(パネル)の出力性能を一定期間にわたって保証し、
何らかの理由から規定よりもモジュールの発電性能が低下したときには、メーカーが自身の責任で、問題があったモジュールの修理や交換に応じるサービスのことです。

太陽光発電システムは高価な買い物ですが、条件さえ整っていれば、設置後の光熱費の削減、売電による収入などにより、
10年~15年程度で初期投資を回収できるともいわれています。
しかしこれはもちろん、当面の間は大きな故障がなく使え、かつ年数が経っても発電性能が目立って落ちたりしない、という前提での話です。

これから太陽光発電システムを購入しようとする消費者の多くが抱く心配の1つは、「太陽光発電システムは10年、20年もつというが、本当に大きな故障なく使えるのか? 修理やメンテナンスにお金がかかるのではないか?」
「年数が経つと、だんだん発電性能が落ちてくるのではないか?」ということです。

こうした消費者の不安を取り除いて、安心してシステムの購入に踏み切ってもらうために、
ほとんどの太陽光発電システムのメーカーが提供しているサービスがモジュール出力保証です。具体的な保証の内容はメーカーによって異なる可能性がありますから、
個別の条件については購入を検討しているメーカーのものを確認する必要があります。
一般的には、発電モジュールの公称最大出力値(マニュアルなどに記載されている最大出力の値)に対し、メーカーが決めた計算式を当てはめて保証の基準となる出力値を決めて、
出力テストの結果がそれ以下(未満)だったら、メーカーが無料でモジュールの修理や交換に応じてくれます。

保証の基準となる出力値の求め方で一般的なのは、マニュアルに記載されているモジュールの公称最大出力値に一定の割合をかけて「最大出力の下限」という値を求め、さらにこの「最大出力の下限」に一定の割合をかけた値を基準値とする方法です。
例えばシャープの保証の説明では、「太陽電池モジュールの出力は、最大出力の下限値(公称最大出力の90%)の90%までを10年保証します」とあります。つまり公称最大出力の90%を「最大出力の下限」とし、さらにその90%を「保証の基準値」にするということです。
簡単にいえば、この場合は公称最大出力値に 0.9 × 0.9 = 0.81 を乗算した値が保証の基準値になります。
保証条件がこの内容で、モジュールの公称最大出力値が仮に200Wだったとすると、「保証の基準値」は以下のとおり162Wとなります。

と、ここまで読むと、ふむふむと読めてしまうのですが、実際にモジュール出力保証のサービスを利用するのはそれほど簡単なことではありません。
まず、「マニュアル上の最大値」とありますが、通常の運用でも、このマニュアル上の最大値いっぱいまで常に発電するというわけではありません。
なぜなら、実際の発電量は、その日の日照などの条件によって変化するからです。
前記で紹介したモジュール出力保証の計算は、あくまで特別な計測機器を使ってモジュールの性能を評価して初めてわかるもので、普段の運用で、屋根の上にあるパネルが何パーセントの割合で出力しているのかなどわかりません。
つまり、よく注意して使っていないと、「なんとなく出力が少ない」という程度の話になってしまって、それが本当は出力保証を受けられる問題なのか、外部的な要因(日照がよくないなど)なのか簡単には判断がつきません。

こうした問題に敏感になるには、日ごろから、自分が所有する発電モジュールの性能値を記録しておくしかありません。
きちんと記録したところで、発電量がお日様まかせであることは同じですから、たとえ「1年前と比較して少ない」としても、それがモジュールの障害によるものかどうかはすぐには特定できません。
しかし記録があれば、発電量の継続的な減少を数値で追跡できますし、メーカーに問い合わせるときにも具体的な数字を提示できます。
「なんとなく少ない気がする」というより、「この数字はどう見てもおかしい」というほうが、ずっと説得力があります。

発電量は、パワーコンディショナや電力モニタを使って確認できるはずです。
例えば毎月の月末や月初に、1カ月分の発電量をチェックして記録しておくとよいでしょう。



「定期的な点検や掃除などのメンテナンスは必要ですか?」

一般的に太陽光発電システムは、故障や不具合の発生が少なく、
点検などのメンテナンスはあまり重要ではないと説明されることが多いようです。
特にセールスマンの中には、購入後も面倒がないこと、点検などで追加費用がかからないことを強調するために、安易にこのような説明をする人がいます。
けれども実際には、太陽光発電システムも故障/不具合を起こす場合があります。
そしてやっかいなのは、故障/不具合が起こっていても気づきにくいため、問題の発覚を遅らせ、長期にわたって発電量が低下して、ずっと損をし続けてしまう恐れがあることです。

とはいえアフター・メンテナンスにきちんと対応してもらえる業者に設置してもらい、発電量の変化に注意し、数年に1回程度の定期点検を実施しておけば、大きな問題になることはありません。それほど大変なことでも、多額の費用がかかったりすることもでもないのですが、実際には、これらを実施せず、故障/不具合が放置されているケースも少なくないようです。



☆用語解説☆

ソーラー・パネル   パワーコンディショナ   出力保証

太陽光発電モジュール(パネル)   自立運転用コンセント

電力モニタ   変換効率   エコキュート   架台(かだい)


HPはこちらをクリック   ブログTOPはこちらをクリック 



スポンサーサイト

| TOP2 | 21:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。