FC2ブログ

太陽光発電の今後を考える・・・

サンライトエナジー株式会社からの情報、提案

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

架台の重要性について

野立て太陽光発電のパネルを支える架台の種類は様々です。
パネルは各メーカーの努力により高出力・低価格化が進んでいますが、
架台の強度は正直言ってピンキリです。
初期投資はなるべく抑えたいという気持ちはわかりますが、
強度の弱い架台で妥協してしまった為に、 後々架台が錆びてしまったり、
崩れてしまう可能性も出てくると意味がありません。
修理などに新たに資金がかかってしまい、
折角の投資のつもりが本末転倒な結果になりかねません。
そこで、よく見かける野立て太陽光発電システムに使われている
架台の種類を簡単に紹介します。

架台によって特徴は色々
・単管パイプ式
・バイル式
・グランドスクリュー式
・置き基礎式
・コンクリ連続基礎

これらの種類が大まかですが、
選定を誤ってしまうと・・・

・架台が地面に沈んでしまう
・錆がひどくなる
・野立てなら雑草の被害

後々にそういった被害を受ける可能性は少なからずあるので、
多少の金額差はありますが、コンクリート基礎や連続基礎型の架台
を選択する事がベターと思われます。

当社オリジナル「4つ足金具架台工法(HSS工法)」は、
設置も簡単、作業も安全、そしてスピーディです。
詳しくはこちらからご覧ください。
スポンサーサイト

| TOP2 | 01:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。